スポンサーサイト

スポンサー広告 | この記事のURL
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだもうちょっとつづくんじゃ、というレベルではない

雑記 | この記事のURL | コメント(0)
とりあえず1回EDを見ました。

ネタバレ回避だけはしておきましょう。

今回の伝説ポケモンであるレシラム/ゼクロム、どうやら必ず捕獲しなくてはならないらしく
通常の伝説と違って捕獲しやすさ45(大体の伝説は2、最大255)
しかし強制戦闘2回なうえ、終了したらEDで強制セーブ。
ステータスだけで性格なども全て判断しなくてはならないので、ある程度厳選する事も諦めた。
厳選するには、まず性格を50%に絞れるシンクロ持ちを用意する事が重要だろう。
後はせいぜいみねうちとでんじは持ちがいれば十分。 まひ+瀕死にすれば、モンスターボールでも十分捕獲可能。
(手間を惜しみたいならさっさとマスターボールでもいいだろうけど)

プラズマ団、途中の道で本性を表してるけどゲーチスが真のボス。
露骨なまでの極悪人キャラなので、非常に分かりやすいキャラともいえる。

せっかくなので使用ポケモンについて考察をまとめておこう。

『ジャローダ』 HP 75/攻撃 75/防御 95/特攻 75/特防 95/素早 113
草技は物理・特殊どちらもバリエーション豊富に覚えられるが、主人公ポケモンにしてはサブが貧相。
(しかも特殊型だとほぼ皆無)
能力値的に耐久型が使いやすそうだが、純草タイプは弱点5個もあるので厳しいか。
せいちょう、めいそう、とぐろをまくなど積み技は豊富。

『ウォーグル』 HP 100/攻撃 123/防御 75/特攻 57/特防 75/素早 80
タイプ的にはムクホークがライバル。

・長所
ムクホークよりも高い火力。(特性ちからずく)
またタイプ一致あばれる(威力120)が非常に強力。
・短所
鳥系にしては微妙すぎる素早さ。 特性が微妙(するどいめの方)
耐久面もホークに比べれば格段に硬いが、過信できるほど高いわけではない。
(いかくがある分物理耐久はホークのが上かも)
ホークが覚える格闘はインファイトに対してばかぢからなのはやはり難色を示しやすいか。
遺伝技が一切ないらしい。

『ゼブライカ』 HP 75/攻撃 100/防御 63/特攻 80/特防 63/素早 116
レントラー同様、序盤の方に出る電気物理よりのポケモン。
素早さはそこそこ優秀だが、最大火力がワイルドボルト止まりなのが痛い。
サブもろくに覚えず、威力不足。 加えて、かなりの紙耐久。
特性のでんきエンジンも、もともと素早さの高いゼブラには恩恵が受けにくいとも言える。
でんじはも吸収する、という点では悪くはないのだが……(無論、かたやぶり持ちには通用しない)

『ヒヒダルマ』 HP 105/攻撃 140/防御 55/特攻 30/特防 55/素早 95
圧倒的な物理火力と、ほどよく速い素早さ。 そして紙耐久。
サブウェポンが豊富なので、アタッカー型としては申し分ない。
補助に遺伝技であくび、アンコール、こらえるなども覚えられる。
特性のちからずくでオーバーヒートのマイナス効果を無視する事が可能だが、ほぼ意味は無い。

『オノノクス』 HP 76/攻撃 147/防御 90/特攻 60/特防 70/素早 97
600族純ドラゴン。
攻撃の高さが目に付くが、よく見れば耐久面はあんまり高くは無い。
また600族の中で素早さ97というのも、また微妙な数値ではある。
いまいち特色がないような印象があるのは気のせいだろうか……
同じようなタイプのクリムガンの方が、いろいろバリエーションがあって面白い(w



>>>mog男爵
技バリエーション的にも、ゼブラよりレントラーの方が圧倒的に使いやすいだろうなぁ。
攻撃と素早さの種族値が逆だったらもちっとマシだったんだろうなとは思う……(苦笑
スポンサーサイト

<< 満喫 | ホーム | 最強のレアは、リメイク金銀のビキニのおねえさんの電話番号 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

プロフィール

影(かげ)

Author:影(かげ)
注意事項:俺の前では
「たまきは俺の嫁」と言わない方がいい

Mail:shadow_1984(^p^)hotmail.co.jp

ぴくしぶ

accessed

twitter

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

Xbox ゲーマーカード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。